何ちゃってニュース

読売・日テレ・フジサンケイよ 少しは子供たちに恥じない政権批判もしたらどう?子供たちの正義感を育てるために

松山英樹ひとり旅 石川遼「もう、スランプとは言えない」プロ10年目の苦悩

 今更という感じだが、これだけ差が付けば勝負は誰の目にも明らかだろう。プロゴルファー松山と石川の2人のことだ。米アリゾナ州で開催されたフェニックス・オープン(2月2〜5日/現地時間)は、松山英樹(24)が逆転で優勝を飾り、同大会2連覇、米ツアー通算4勝目を挙げたが、同級生の石川遼(25)は予選落ち。これで同ツアーの予選落ちは5年連続となり、松山との差は開いていくばかりだ。

 しかし、そんな石川にある変化が見られたという。
 「石川はラウンド中、ミスショットした瞬間に『ヤベエ!』と口走るクセがある。周囲からはそれをよく注意されていたのですが、なかなか直らなかった。それが今回は、あまり口にすることがなかったんです」(特派記者)

 17位タイで終えた同ツアー初日、石川は「ミスが少なくなったが?」との質問に、こう答えている。
 「『やっちゃったかな?』というスイングをした時のボールの飛び方が変わってきた。当たった瞬間に『ヤベエ!』と思ったやつが、『あ、そんなにヤバくないな』って思える。自分にとっては、それがかなり大きい」

 石川は飛距離にこだわるタイプ。それゆえ、距離を稼ぐために余計な力が入り、ミスを重ねてきた。近年はそれを減らすためにスイング改造を行い、成果も見られつつあるが、ツアー最終日まで持続できない。今回の予選落ちもそうだった。
 「スコアを崩した2日目は、『ヤベエ!』がつい出てしまった。その口グセの頻度が好不調のバロメーターとも言えます。しかし、そこでも誰かに注意されたのか、その後は意識して言わないようにしていたようです。一方の松山は、好不調に関係なく、あまり表情を変えない。10代の頃、石川は飛距離にモノを言わせて一気に表舞台に出てきましたが、松山はジックリと自分のスイングを作り、年齢とともにその技術を高めてきました。口グセの意識同様、石川はスイングをいじったりクラブを取り替えるなど努力していますが、20代でやることではない」(専門誌記者)

 苦悩する石川遼。不調が長引けば、スランプとは言わない。今年がプロ10年目となる石川、コマーシャルばかりではなく、そろそろ本業で活躍をしてくれ。ファンは見捨てないぞ。頑張れ、遼!
・エンタメ スポーツ(国内外) | comments(0) | trackbacks(0) |

旅行者が選ぶ「訪れるべきヨーロッパの都市」 1位はポルトガルの港町ポルト

旅行好きな人たちの投票によってヨーロッパのオススメの都市を決定するアワード『Best European Destination 2017』の結果が発表され、ポルトガル北部の港湾都市ポルトが1位に輝いた。このアワードは、European Best Destinationsが主催し、ノミネートされた20の都市の中から、観光でぜひとも訪れておきたいオススメの都市を旅行者の投票によって選出するもの。今回は174カ国から42万6859票の投票があった。

【動画】Porto – European Best Destination 2017 Official Video(Vimeo)

1位:ポルト(ポルトガル) 13万8116票

ポルトは2012年、2014年に続く3度目の1位。聖グレゴリウス聖堂などの教会を含む旧市街地全体が世界遺産登録され、名門サッカークラブFCポルトの本拠地として、またポートワインの産地としても知られている。得票数についてはポルト市およびポルトガル観光局のキャンペーンに後押しされた動員票もあったが、56.8%は海外からのもの。とりわけアメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、南アフリカ、韓国、アイルランド、カナダの旅行者からの支持を集めた。ポルトに投票した旅行者の1人は「通りと古い家並みの美しさ、文化、食事、ワイン、川沿いのテラス、海、気候はどれも素晴らしく、恋せずにはいられない」とコメントしている。

2位:ミラノ(イタリア) 5万2836票

西ローマ帝国時代から栄える北部イタリアの中心都市。ドゥオーモ、壁画『最後の晩餐』、スカラ座、ACミランなど見どころを挙げたらきりがない。特にスイスとアメリカの旅行者に人気。

3位:グダニスク(ポーランド) 4万6852票

ポーランド北部の港湾都市。黄金の門から続くメインストリートは、ドイツ、オランダ、ユダヤの商人が行き交っていた黄金時代の面影を今に伝える。名産の琥珀を展示する琥珀博物館も有名。ポルトガル、スペイン、日本からの投票が多かった。

4位:アテネ(ギリシャ) 3万8627票

3500年前から続く世界最古の都市。アクロポリスのパルテノン神殿、ニケ神殿、ディオニソスの劇場はぜひとも見ておきたい。特にオーストラリア人とロシア人に大人気。

5位:サンセバスチャン(スペイン) 2万3113票

フランスとの国境に近い港町。ラ・コンチャ海岸のビーチは町のシンボル。国際映画祭の時期には世界中から文化人が集まる。バスク料理も試してみたい。

6位:ソゾポル(ブルガリア) 2万690票

その歴史は紀元前7世紀に作られたギリシャの植民都市に遡る。黒海に面し、夏にはロシア・ヨーロッパ全土から旅行者が集まるリゾート地。石畳の道が続く旧市街地が見どころ。

7位:ウィーン(オーストリア) 1万8342票

モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどが活躍した音楽の都。ウィーン歴史地区として町全体が世界遺産登録されている。毎年NHKが中継するウィーンフィルのコンサートは日本人客も多い。

8位:スタリー・グラード(クロアチア) 1万3834票

アドリア海に浮かぶフヴァル島にある人口3000人弱の小さな港町。アドリア海の中でも最も日照時間の長い島として知られる。ぶどうやオリーブ畑には紀元前4世紀頃にギリシャ人によって築かれた石垣が今もそのまま残る。

9位:バーゼル(スイス) 1万989票

ドイツ・フランス・スイス3国の国境が接するスイス第3の都市。各国の様式が混在する古い聖堂や、漫画、製紙、楽器などのユニークな博物館が見どころ。

10位:マドリード(スペイン) 9624票

スペインの首都。市の紋章にもなっているコケモモと熊の銅像があるプエルタ・デル・ソルの広場、王宮、サン・イシドロ教会などが人気スポット。レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウはサッカーファンならずとも見ておきたい。

11位:ロッテルダム(オランダ) 8981票

欧州一の荷揚げ量を誇るロッテルダム港を擁する港湾都市。世界最大の鉄鋼メーカーであるミッタル・スチールの本社もここ。様々な国の出身者が暮らす多文化共生のこの町では斬新なデザインの建築群やロッテルダムテクノが生まれた。

12位:ローマ(イタリア) 8932票

西洋文明を代表する“永遠の都”。映画『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンがジェラート食べていたスペイン広場の階段は、現在では飲食禁止となっており罰金刑の対象となるので注意。

13位:パリ(フランス) 8113票

年間8千万人以上の外国人観光客が訪れる世界一の観光大国の首都。直径10kmほどの市街中心部に、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館といった観光名所が集中しており、ホテルや交通機関などの受け入れ態勢もしっかりしていることが人気の理由。美食の都としても名高い。

14位:ボニファシオ(フランス) 8087票

コルシカ島南端の主要港で、フランス人の夏季保養地として人気。石灰岩の断崖の上に広がる旧市街地が印象的。

15位:ワイルド・タイガ(フィンランド) 6938票

ヘルシンキから北に480kmほど行ったところにあるロシアとの国境に近い地域がアワード初入選。野生のシカやクマの観察、カヌー体験、犬ぞりツアーなど、自然との触れ合いを楽しむことができる。冬には美しいオーロラが現れる。今回、特に中国人と韓国人旅行者からの人気を集めた。

画像とソース:『European Best Destinations』プレスリリースより引用
http://www.europeanbestdestinations.com/best-of-europe/european-best-destinations-2017/
・主要社会・経済ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |

旅行者が選ぶ「訪れるべきヨーロッパの都市」 1位はポルトガルの港町ポルト

旅行好きな人たちの投票によってヨーロッパのオススメの都市を決定するアワード『Best European Destination 2017』の結果が発表され、ポルトガル北部の港湾都市ポルトが1位に輝いた。このアワードは、European Best Destinationsが主催し、ノミネートされた20の都市の中から、観光でぜひとも訪れておきたいオススメの都市を旅行者の投票によって選出するもの。今回は174カ国から42万6859票の投票があった。

【動画】Porto – European Best Destination 2017 Official Video(Vimeo)

1位:ポルト(ポルトガル) 13万8116票

ポルトは2012年、2014年に続く3度目の1位。聖グレゴリウス聖堂などの教会を含む旧市街地全体が世界遺産登録され、名門サッカークラブFCポルトの本拠地として、またポートワインの産地としても知られている。得票数についてはポルト市およびポルトガル観光局のキャンペーンに後押しされた動員票もあったが、56.8%は海外からのもの。とりわけアメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、南アフリカ、韓国、アイルランド、カナダの旅行者からの支持を集めた。ポルトに投票した旅行者の1人は「通りと古い家並みの美しさ、文化、食事、ワイン、川沿いのテラス、海、気候はどれも素晴らしく、恋せずにはいられない」とコメントしている。

2位:ミラノ(イタリア) 5万2836票

西ローマ帝国時代から栄える北部イタリアの中心都市。ドゥオーモ、壁画『最後の晩餐』、スカラ座、ACミランなど見どころを挙げたらきりがない。特にスイスとアメリカの旅行者に人気。

3位:グダニスク(ポーランド) 4万6852票

ポーランド北部の港湾都市。黄金の門から続くメインストリートは、ドイツ、オランダ、ユダヤの商人が行き交っていた黄金時代の面影を今に伝える。名産の琥珀を展示する琥珀博物館も有名。ポルトガル、スペイン、日本からの投票が多かった。

4位:アテネ(ギリシャ) 3万8627票

3500年前から続く世界最古の都市。アクロポリスのパルテノン神殿、ニケ神殿、ディオニソスの劇場はぜひとも見ておきたい。特にオーストラリア人とロシア人に大人気。

5位:サンセバスチャン(スペイン) 2万3113票

フランスとの国境に近い港町。ラ・コンチャ海岸のビーチは町のシンボル。国際映画祭の時期には世界中から文化人が集まる。バスク料理も試してみたい。

6位:ソゾポル(ブルガリア) 2万690票

その歴史は紀元前7世紀に作られたギリシャの植民都市に遡る。黒海に面し、夏にはロシア・ヨーロッパ全土から旅行者が集まるリゾート地。石畳の道が続く旧市街地が見どころ。

7位:ウィーン(オーストリア) 1万8342票

モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどが活躍した音楽の都。ウィーン歴史地区として町全体が世界遺産登録されている。毎年NHKが中継するウィーンフィルのコンサートは日本人客も多い。

8位:スタリー・グラード(クロアチア) 1万3834票

アドリア海に浮かぶフヴァル島にある人口3000人弱の小さな港町。アドリア海の中でも最も日照時間の長い島として知られる。ぶどうやオリーブ畑には紀元前4世紀頃にギリシャ人によって築かれた石垣が今もそのまま残る。

9位:バーゼル(スイス) 1万989票

ドイツ・フランス・スイス3国の国境が接するスイス第3の都市。各国の様式が混在する古い聖堂や、漫画、製紙、楽器などのユニークな博物館が見どころ。

10位:マドリード(スペイン) 9624票

スペインの首都。市の紋章にもなっているコケモモと熊の銅像があるプエルタ・デル・ソルの広場、王宮、サン・イシドロ教会などが人気スポット。レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウはサッカーファンならずとも見ておきたい。

11位:ロッテルダム(オランダ) 8981票

欧州一の荷揚げ量を誇るロッテルダム港を擁する港湾都市。世界最大の鉄鋼メーカーであるミッタル・スチールの本社もここ。様々な国の出身者が暮らす多文化共生のこの町では斬新なデザインの建築群やロッテルダムテクノが生まれた。

12位:ローマ(イタリア) 8932票

西洋文明を代表する“永遠の都”。映画『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンがジェラート食べていたスペイン広場の階段は、現在では飲食禁止となっており罰金刑の対象となるので注意。

13位:パリ(フランス) 8113票

年間8千万人以上の外国人観光客が訪れる世界一の観光大国の首都。直径10kmほどの市街中心部に、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館といった観光名所が集中しており、ホテルや交通機関などの受け入れ態勢もしっかりしていることが人気の理由。美食の都としても名高い。

14位:ボニファシオ(フランス) 8087票

コルシカ島南端の主要港で、フランス人の夏季保養地として人気。石灰岩の断崖の上に広がる旧市街地が印象的。

15位:ワイルド・タイガ(フィンランド) 6938票

ヘルシンキから北に480kmほど行ったところにあるロシアとの国境に近い地域がアワード初入選。野生のシカやクマの観察、カヌー体験、犬ぞりツアーなど、自然との触れ合いを楽しむことができる。冬には美しいオーロラが現れる。今回、特に中国人と韓国人旅行者からの人気を集めた。

画像とソース:『European Best Destinations』プレスリリースより引用
http://www.europeanbestdestinations.com/best-of-europe/european-best-destinations-2017/
・主要社会・経済ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |

月額700円で!格安スマホや格安SIMまであらゆるデジタル機器の故障を補償してくれる「モバイル保険」が登場

最近、モバイル機器の持ち方が多様化しています。

かつては、ドコモやソフトバンクなどの大手通信事業者が寡占状態でしたが、現在では格安スマホや格安SIMなどが登場してきています。インターネットにつながるモバイル機器も、パソコンやスマホだけではなく、タブレットやゲーム機までつながるのです。
今回は、そんな多様化するモバイル機器にぴったりな「モバイル保険」を紹介します。

修理をしようとするとこれだけかかる!

スマホが壊れてしまった場合、いくらくらいかかるのかを、iPhone6s Plusで見てみましょう。

(1) 全損・本体交換 → 4万1904円
(2) 背面カメラの交換 → 9666円
(3) レシーバーモジュールの交換 → 8931円
(4) ディスプレイの修理 → 4万1904円
(5) スピーカモジュールの交換 → 8931円
(6) 水没修理 → 4万1904円

大手通信事業者の補償サービスは?

モバイル保険を見る前に、まずは大手通信事業者の代表として、NTTドコモの「ケータイ補償サービス」を見てみましょう。

■月額料金

・ 500円(2014年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット)
・ 380円(それ以外の機種)

■サービス内容と料金

ケータイ補償サービスに加入するためには、対象機種購入日を含めて14日以内に申込をしなければならないので、比較する時間があまりありません。また、iPhoneやiPadは別の補償サービスがあり、端末ごとに加入しなければなりません。

モバイル保険の補償内容

次に、「モバイル保険」がどのような補償内容になっているのか、見てみましょう。

モバイル保険のメリット

■多くの端末が対象に

通信事業者の補償サービスは、自社の端末のみを対象としています。しかし「モバイル保険」はドコモやソフトバンクのスマートフォンはもちろんのこと、急速に広がりを見せている格安スマホまで対象になるのです。

■最大3台までまとめて面倒見てくれる

「CiscoSysteme 2011.whitepaper」によりますと、2015年時点における1人当たりの情報端末の所有数は、平均で3.47台となっております。確かに、スマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム機や音楽プレイヤーなど、1人で何台もの情報通信端末を持っている人は少なくありません。それらをまとめて3台まで、しかも月額700円で補償してくれるのですから、大手通信事業者の補償サービスと比べれば割安ですね。

■補償を引き継げる

モバイル保険に加入していた端末から、新しい端末に買い換えたとき、モバイル保険ならばマイページから端末情報を切り替えるだけで、補償対象を新しい端末に変更できます。

モバイル保険の注意点

■主端末と副端末で補償金額が異なる

モバイル保険では最大3台まで補償の対象となりますが、1台を「主端末」、2台が「副端末」の扱いになります。 主端末と副端末では、以下のように補償金額が異なるので、特に主端末選びには注意しましょう。

■対象端末に条件がある

モバイル保険には、対象端末に以下の条件が課せられています。

・ 「技適マーク」のついている日本国内で販売されている端末
・ 購入後1年以内の端末
・ 中古端末は3か月以上の保証期間があること
・ オークションで購入した中古端末は対象外
・ 加入時点で壊れていない端末
・ 本人名義でない端末は対象外

■対象外のトラブルもある

モバイル保険には、以下のように対象外のトラブルもあります。

・ 端末の欠陥
・ 置き引き・紛失
・ 地震・水害・台風
・ 購入から1年以内のメーカー責任による故障
・ 日本国内で生じた損害

持っていたスマホを盗まれた場合は対象となりますが、どこかに置き忘れて盗まれた場合は対象となりません。 端末が盗まれた場合は、最寄りの警察署で盗難届出証明書をもらうのを忘れないでください。
.
こんな人にモバイル保険はおすすめ!

・ 複数のモバイル機器を持っている人
・ 端末をうっかり落としてしまう、うっかり水没させてしまう人
・ 高額なSIMフリースマホを使っている人
・『通』学・・ | comments(0) | trackbacks(0) |

月額700円で!格安スマホや格安SIMまであらゆるデジタル機器の故障を補償してくれる「モバイル保険」が登場

最近、モバイル機器の持ち方が多様化しています。

かつては、ドコモやソフトバンクなどの大手通信事業者が寡占状態でしたが、現在では格安スマホや格安SIMなどが登場してきています。インターネットにつながるモバイル機器も、パソコンやスマホだけではなく、タブレットやゲーム機までつながるのです。
今回は、そんな多様化するモバイル機器にぴったりな「モバイル保険」を紹介します。

修理をしようとするとこれだけかかる!

スマホが壊れてしまった場合、いくらくらいかかるのかを、iPhone6s Plusで見てみましょう。

(1) 全損・本体交換 → 4万1904円
(2) 背面カメラの交換 → 9666円
(3) レシーバーモジュールの交換 → 8931円
(4) ディスプレイの修理 → 4万1904円
(5) スピーカモジュールの交換 → 8931円
(6) 水没修理 → 4万1904円

大手通信事業者の補償サービスは?

モバイル保険を見る前に、まずは大手通信事業者の代表として、NTTドコモの「ケータイ補償サービス」を見てみましょう。

■月額料金

・ 500円(2014年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット)
・ 380円(それ以外の機種)

■サービス内容と料金

ケータイ補償サービスに加入するためには、対象機種購入日を含めて14日以内に申込をしなければならないので、比較する時間があまりありません。また、iPhoneやiPadは別の補償サービスがあり、端末ごとに加入しなければなりません。

モバイル保険の補償内容

次に、「モバイル保険」がどのような補償内容になっているのか、見てみましょう。

モバイル保険のメリット

■多くの端末が対象に

通信事業者の補償サービスは、自社の端末のみを対象としています。しかし「モバイル保険」はドコモやソフトバンクのスマートフォンはもちろんのこと、急速に広がりを見せている格安スマホまで対象になるのです。

■最大3台までまとめて面倒見てくれる

「CiscoSysteme 2011.whitepaper」によりますと、2015年時点における1人当たりの情報端末の所有数は、平均で3.47台となっております。確かに、スマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム機や音楽プレイヤーなど、1人で何台もの情報通信端末を持っている人は少なくありません。それらをまとめて3台まで、しかも月額700円で補償してくれるのですから、大手通信事業者の補償サービスと比べれば割安ですね。

■補償を引き継げる

モバイル保険に加入していた端末から、新しい端末に買い換えたとき、モバイル保険ならばマイページから端末情報を切り替えるだけで、補償対象を新しい端末に変更できます。

モバイル保険の注意点

■主端末と副端末で補償金額が異なる

モバイル保険では最大3台まで補償の対象となりますが、1台を「主端末」、2台が「副端末」の扱いになります。 主端末と副端末では、以下のように補償金額が異なるので、特に主端末選びには注意しましょう。

■対象端末に条件がある

モバイル保険には、対象端末に以下の条件が課せられています。

・ 「技適マーク」のついている日本国内で販売されている端末
・ 購入後1年以内の端末
・ 中古端末は3か月以上の保証期間があること
・ オークションで購入した中古端末は対象外
・ 加入時点で壊れていない端末
・ 本人名義でない端末は対象外

■対象外のトラブルもある

モバイル保険には、以下のように対象外のトラブルもあります。

・ 端末の欠陥
・ 置き引き・紛失
・ 地震・水害・台風
・ 購入から1年以内のメーカー責任による故障
・ 日本国内で生じた損害

持っていたスマホを盗まれた場合は対象となりますが、どこかに置き忘れて盗まれた場合は対象となりません。 端末が盗まれた場合は、最寄りの警察署で盗難届出証明書をもらうのを忘れないでください。
.
こんな人にモバイル保険はおすすめ!

・ 複数のモバイル機器を持っている人
・ 端末をうっかり落としてしまう、うっかり水没させてしまう人
・ 高額なSIMフリースマホを使っている人
・『通』学・・ | comments(0) | trackbacks(0) |