何ちゃってニュース

読売・日テレ・フジサンケイよ 少しは子供たちに恥じない政権批判もしたらどう?子供たちの正義感を育てるために

病院の待合室でも要注意 「はしか」全国に急拡大

感染者 全国で123人に拡大

「はしか」の感染が急速に拡大している。FNNがまとめた、3月以降の「はしか」の感染者は、沖縄県の90人をはじめ、全国で123人に拡大。4月25日の78人から10日余りで45人も増加している。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は、「『はしか』は空気感染します。同じ教室内、同じ電車の車両、さらに空調が同じだったら隣の部屋にいてもうつる可能性がある」を指摘する。

16人の感染が確認された愛知県では、沖縄旅行で「はしか」に感染した10代の男性から、ほとんどの患者が感染したとみられている。まず、男性が診察を受けた病院の関係者や、男性と同じ日に診察を受けた人たちが次々と感染。その中には、2人の女子中学生も。その後、その女子中学生と同じ学校の男子生徒2人の感染も確認された。
.
すれ違うだけで感染する可能性も…

空気感染により拡大し、感染力が極めて強いはしか。大谷院長は「『はしか』自体はすごく強力なウイルス。すれ違っただけでも、免疫のない方、抗体を持っていない方はうつる可能性がある」と語る。飛まつ感染のインフルエンザなどとは異なり、「はしか」はマスクや手洗いをしても予防できず、予防接種が唯一の対策と言われている。しかし、感染者の中には、予防接種を2回したという男子中学生などもいる。完全に予防するのは難しい状況だ。

「はしか」が空気感染する可能性がある場所について、専門家は、病院の待合室など狭い空間だけではなく、体育館、コンサート会場など広い空間でも密室なら感染する可能性は十分にある、と注意を呼びかけている。また、屋外でも人がたくさんいる場所、たとえば行列などは、感染した人の近くに一定時間いる状況が生まれるので感染する危険がある。
.
かかったかな?と思ったらまずとるべき行動は?

発熱、せき、鼻水など風邪のような症状が続き「『はしか』かな」と思ったら、事前に医療機関に電話をして指示を仰いだ方がいい。仮に「はしか」にり患していた場合、不用意に病院の待合室に行ってしまうと、感染を拡大させてしまうことになりかねないからだ
      :::::::::::::::::::::::::::
■健康・美容 | comments(0) | trackbacks(0) |

会話が苦手…口ベタでも孤立しないための会話術

◆無口で会話が苦手…話さないタイプの人は生きにくい時代?

「コミュ力」という言葉もあるように、現代は「コミュニケーションの時代」と言われます。会話による意思疎通やほどよい付き合い方のコツが分からない人は、プライベートにおいてもビジネスにおいても、取り残されやすい傾向にある……とても世知辛い時代です。

一昔前なら、「話さないタイプ」の人に対する評価は、低くありませんでした。昭和40年代生まれの私の記憶では、自分から積極的に話さない女性は「奥ゆかしい」と言われていました。学生時代、下校中に友だちとおしゃべりして帰るだけで「女はベラベラしゃべるもんじゃない!」と近所のオジサンから意見されたこともあります。男性も、あまり話さない無口な人の方が「重厚」なイメージで捉えられてました。同じく昭和40年代に流行した『男は黙ってサッポロビール』というコピーがありましたが、「話さない」ことは硬派な男の象徴でもあったわけです。

ところが、現代になると「話さない」ことは「社会適応力の低さ」とイコールで語られるようになってきました。その背景にはいくつかの要因があるのですが、大きなもののひとつに、今まで人が担ってきた仕事の多くが「機械」に置き換えられるようになったことがあります。

産業の工業化が進んでいた80年代半ば頃までは、会話がうまい人よりも真面目に黙々と決まった仕事を行える人柄のほうが、企業から重宝されていました。さらに以前では日本人の生業の多くが農業だったのですから、無駄口を叩かず黙々と田畑を耕すことこそ「働くこと」でした。ところが、近年は作業の多くが機械やコンピューターに置き換えられ、しかもめまぐるしいスピードで最新の技術に変わっています。今や「黙々と決まった仕事」をやるのは、機械で十分。交渉、管理、企画、営業といった人間にしかできない能力を駆使することこそ、これからの産業人に求められる資質。コミュニケーションは、その基本となる能力でもあります。

もう一つの大きな要因としては、社会のグローバル化があります。国内での需要が飽和した日本では、多くの産業が海外に進出し、おもに新興国のマーケットに活路を見出そうとしています。「日本」という限られた環境の中であれば、言葉で考えを表現し合う努力は、さほど必要とされなかったかもしれません。しかし、日本から一歩外に出ると文化や価値観がまったく違う人と、お互いの要求をすり合わせたり、解釈の違いから誤解を放置することがないように、逐一言葉で確認していかなければなりません。人々がグローバル化社会への対応を意識し始めてきたことで、求められるコミュニケーション・スタイルが変わってきたのです。

◆話さないことが「症状」とまで呼ばれるように……

上に見てきたような背景から、現代は「話さない人」にとっては生きにくい時代であり、「話さないこと」が問題とまで見なされるようになってきました。

たとえば、「ふれあい恐怖症候群」というストレス症状があります。これは、人とのコミュニケーションが苦手で、必要なこと以外の無駄話を楽しめず、学校や職場の集団で孤立しがちになる症状です。また、少し前には「ランチメイト症候群」も話題になりました。ランチタイムに1人になるのは恥ずかしい。けれど、断られるのを恐れすぎるあまりに自分からは誘えない、たとえ一緒にランチをしたところでリラックスした会食を楽しめないというジレンマに悩むストレス症状です。

こうしたタイプの人は、昔からいました。しかし、かつては改善が必要な「症状」とは扱われず、「人見知り」「付き合い下手」という程度で問題にされていなかったのです。また、「あの人はそういう人だから」ということで受け入れられ、「仕事がきちっとしてるんだからいいじゃないか」と評価する人も多かったものです。

繰り返すように、コミュニケーションの必要性が重視される方向に、「世の中」の方が大きく変わってしまったのです。それにつれて、「話さないタイプ」の人は周りの過剰な反応や批判が過大なプレッシャーとなって、ますます会話に苦手意識を持っていく傾向があるのではないかと思います。
.
◆話すのが苦手なら「会話力は無理せず少しずつ」が基本

では、話さないタイプの人はどうやって、このコミュニケーション重視の世の中を渡っていったらいいのでしょう?

ビジネス講座等で人気の「コミュニケーション講習」などに参加すれば……と考える人もいるかもしれません。しかし、こうした講座は会話慣れしている人を対象にした内容が多く、会話が苦手な人には逆効果になってしまうことも少なくありません。私もカウンセラー講習で、目が合った人と握手して自己紹介するコンテンツをよく体験しますが、不自然なシチュエーションに居心地が悪くなり、非常に疲れます。

大切なのは、外付けのマニュアルに頼らず、日常で少しずつでも話す機会を広げていくことだと思います。たとえば、会社で人と話すのがおっくう、いつも目をそらしてしまうという人は、「あいさつ」だけでもできるようにしてみることです。朝の出社時、夜の退社時、下を向きながら、「おはよ…ございます……」「お先…失礼しま……」と消え入りそうな声であいさつしていませんか? 誰か一人に対してでもいいので、その人の目を見て少し口角を上げ、「おはようございます」「お先に失礼します」と言ってみましょう。

あいさつが与えるインパクトは、強力です。普段会話の機会が少なくても、気持ちよくあいさつをしてくれる人に対しては、悪い印象を抱く人は少ないものです。それに慣れたら、「一往復半のあいさつ」にトライしてみること。「おはようございます」「お疲れさまでした」などの定例句を往復したら、そこに勇気を出して一言投げかけてみることです。「今日はいい天気ですね」「今日も遅いんですか?」というように、一言でいいのです。

誰もが交わす定例句を誘い水にして、次の言葉を投げかければ、比較的にスムーズに会話ができます。まずは、実験のつもりで隣の人とだけやりとりしてみてもいいのです。離乳を終えた子どもが一種類ずつ食事を増やしていくのと同様に、会話も少しずつ増やしていくことです。「日課」として毎日続けていけば、気がつけばあいさつへの緊張感も解けて、周りの人にも話しかけやすくなっていくのではないかと思います。
      :::::::::::::::::::::::::::
■健康・美容 | comments(0) | trackbacks(0) |

「私はどれだけ生きられる?」 がん患者の余命とは何か

私のように、がん患者さんを頻繁に診療する立場の医師は、「私はあとどのくらい生きられるでしょうか?」「余命は何カ月でしょうか?」と尋ねられることが数え切れないほどあります。 医療ドラマならここで、「残念ですが、余命3カ月です」というような余命宣告があるわけですが、私はこの「余命○カ月です」という言葉を、これまで患者さんに使ったことは一度もありません。他の医師もおそらく同じでしょう。理由は簡単です。「そんなこと分かりっこないから」です。

 「余命」とは、「その人があとどのくらい生きられるか」を意味する言葉です。しかし、同じがんで、かつ進行度が似た人でも、生きられる期間はあまりにもさまざまです。余命を正確に予想することなど到底できません。がんの進行の速さや、薬がどのくらい効くか、患者さんの体力がどのくらいか、どんな持病があるかなどの特徴が、一人として同じ人はいないからです。そこで「余命」を伝える場合は、「生存期間中央値」という値を便宜上使います。例えば、過去のデータから同じ病気の人を99人集め、生きられた期間が長い順番に並べた時に、ちょうど真ん中の50番目に来る人の生きた期間が「生存期間中央値」です。誤解してはならないのが、ある病気の生存期間中央値が3カ月であっても、「その病気を持つ人が今後生きられる期間が3カ月である可能性が最も高い」という意味ではないということです。

 これは、学校の試験の成績にたとえるとよく分かります。例えば、ある学校の中学1年生の学力テストの得点の中央値が、これまでのデータから60点だと予想されるとしましょう。ここに、毎日まじめに勉強し、いつも成績優秀なA君と、全く勉強せずにテレビゲームばかりしているB君がいます。この2人の成績を予想するとして、「二人とも中央値である60点を取る確率が高い」と言えるでしょうか?A君はきっと中央値より高い点数を取る可能性が高く、B君は中央値より低い点数を取る可能性が高いはずですね。中央値とはあくまで、性質の異なる人たちを集めた時に、真ん中にくる値にすぎません。個人がどの値に位置するかは、その個人次第、ということになります。そして「がんの性質」と「余命」の関係は、「試験前の勉強量」と「試験の成績」の相関関係とは比べ物にならないほど複雑です。

がんの余命を考える時の注意点

 ステージ4の大腸がんの患者さんから「余命はどのくらいでしょうか?」と尋ねられたら、私は生存期間中央値の定義を説明した上で、「生存期間中央値は抗がん剤治療(化学療法)を行わないケースでは約8 カ月、化学療法を行って約2 年とされています」(※)と答えます。 しかし、これだけでは説明として全く不十分です。これらの数字はあくまでステージ4の大腸がん全体の生存期間中央値で、実際には多種多様です。肝臓に転移が1カ所あっても、肺や肝臓、おなかの中に広くがんが広がっていても「ステージ4の大腸がん」です。また、今は肝臓に転移が1カ所でも、1カ月後は肺に転移が現れているかもしれません。同じサイズの肝転移のあるステージ4の大腸がんでも、抗がん剤がよく効けば長く生きられますし、抗がん剤の効き目が悪ければ余命は短いかもしれません。

 肝臓の転移も部位によっては手術で切除できるものもあれば、そうでないものもあります。もしかすると、肝転移のサイズが小さくなったらその時点で手術を検討できる、というものもあるかもしれません。がんの性質や進行のスピード、治療介入の影響で、生存期間の可能性の幅はあまりにも広いということです。よって、患者さんから「余命」を尋ねられたら、ここに書いた全てのことを説明しなくてはなりません。そして、ある程度の幅をも予想していただく、ということになります。生存期間中央値は一つの目安にはなりますが、決して「余命○カ月です」というシンプルな余命宣告はありえないということです。

 余命を問われた医師が、上述したような回りくどい答えを返すと、「医師はきっと余命が分かっているはずなのに、ごまかされた」「あとどのくらい生きられるか正確に知らないと、家庭や仕事の調整ができないのに、はっきり教えてもらえなかった」と不信感を持つ人がいます。こういう方々の中には、がんの標準治療に不信感を示し、医学的根拠のない民間医療に傾倒し、結果的に余命を縮めてしまう人もいます。 皆さんは、がんの余命宣告というものが、どうしてもこのようなあいまいな形でしか行うことができない、ということを分かっておいていただきたいと思います。(了)

※日本癌治療学会「大腸がん治療ガイドライン」(http://jsco-cpg.jp/guideline/13.html)より

武矢けいゆう

 医師。専門は消化器外科。月間30万人以上が利用する医療情報ブログ「外科医の視点」で、現役勤務医の立場から、患者さんの役に立つ情報を日々発信中。資格は外科専門医、消化器外科専門医、消化器病専門医など。
      :::::::::::::::::::::::::::
■健康・美容 | comments(0) | trackbacks(0) |