★ド素人でもプロ並みの仕上がり!プロに依頼する必要梨‼満足度100%◆ カフェ、ネイルサロン、ヨガ・整体マッサージ、レストランビジネスなど様々な業種の方に合うデザインも多数。 プロに依頼する必要はありません !

何ちゃってニュース

安倍チャンネルの(NHK・読売・日テレ・フジサンケイよ)少しは子供たちに恥じない政権批判もしたらどう?子供たちの正義感を育てるために

ブリトニー告白、メンタル施設入りは「父による強制」

アメリカのポップシンガー、ブリトニー・スピアーズが、自身のメンタル施設入りについて衝撃告白――。

ブリトニーは、ロサンゼルスにある療養施設に30日間滞在したあと、4月25日に退所した。当初は施設にはいることとなった原因を、「昨年大腸破裂を起こし2度の手術を受けた(実父の)ジェイミー(スピアーズ)の健康状態を懸念したことによる衰弱」としていた。

しかし、ゴシップサイト「TMZ」は、ブリトニーは現地時間5月10日、裁判所にて「ジェイミーが自分を管理していた」「薬を服用するかどうかもジェイミーが決めていた」「施設入りも矯正された」と明かしたことを報じ、暗に「施設の門をブリトニー自身が叩いたわけではない」ことを示した。ちなみに、成年後見制度のもとでジェイミーは、「ブリトニーの意志に反するようなことを強要したり、処方薬を飲ませたりする権限はない」となっている。

成年後見制度のもとでジェイミーによる管理が今後も必要かどうか、過去11年にわたって続いていた審査には、ブリトニーとジェイミーのほか母のリンらも出席し行われた。エンタメサイト「E!」によると、上記の審問で判事は「ブリトニーは専門家による診断が必要」と判断。それを受けての公判が9月18日に行われることとなった。一方、ブリトニー側はジェイミーによる成年後見制度を終えるか、続けるとしても拘束の緩和を訴えているそうだ。

審問が行われたロサンゼルスの裁判所の外では、「ブリトニーに自由を」と書かれたポスターを掲げ、抗議をする人々が多数集まっていたという。マイリー・サイラスは、自身のコンサートにて、『パーティー・イン・ザ・USA』の最中に「フリー・ブリトニー!」と叫び、話題を呼んでいた。

その後には、ブリトニーの引退を示唆する報道もあった。長年ブリトニーに付き添うマネジャー、ラリー・ルドルフの発言によるもので原因は上記の問題。彼女がステージ復帰するかどうかについては、「近い将来はおろか、2度とないかもしれません」と告げた。暗雲立ち込めるブリトニーの未来。完全復帰する日はいつか?

提供/Bangshowbiz
■健康・美容 | comments(0) | trackbacks(0) |

村上春樹が父親との確執を告白、いつか来る死を意識か

《僕が若いうちに結婚して仕事を始めるようになってからは、父との関係はすっかり疎遠になってしまった。特に僕が職業作家になってからは、いろいろとややこしいことが持ち上がり、関係はより屈折したものとなり、最後には絶縁に近い状態となった》

 現在発売中の『文藝春秋』(6月号)で、村上春樹さん(70才)が、20年近く実父と絶縁関係にあったことを明かしている。父親についてここまで赤裸々に綴るのは初めてのことだ。“世界の村上”のニュースは瞬く間に広がった。朝日新聞ほか、中国のメディアまでが取り上げる事態となった。

 父の死から11年──村上さんがなぜ今、自身のルーツに触れたのか。文芸評論家の鴻巣友季子さんは「年を重ね、いつか来る死を意識するようになったのかもしれません」と指摘する。

「これからどれくらい物書きとして書いていけるかを考える年齢になったのでしょう。蔵書の整理も始めているようですし、老い先について考え始めたことはひとつあると思います」(鴻巣さん・以下同)

 村上さんの父親は京都の寺に次男として生まれた。20才で兵役へ。中国での戦いに参加した。帰国後は大学院に進んだが、村上さんが誕生したこともあり、生活費を得るために国語教師として生計を立てていたというが、村上さんが作家になってから20年以上顔を合わせなかったという。

 父親が90才で2008年に亡くなる少し前、村上さんは入院先を見舞った。

《そこで父と僕は──彼の人生の最期の、ほんの短い期間ではあったけれど──ぎこちない会話を交わし、和解のようなことをおこなった》

 およそ20ページにわたるエッセーの大半を、村上さんは父親の戦争体験に割いている。村上さんは幼い頃、父から《自分の属していた部隊が、捕虜にした中国兵を処刑したことがある》と打ち明けられたという。

 しかし、父親の人生を検証する過程で、1937年の中国での南京戦に参加していたという記憶は誤解だったことが明らかになり、《ひとつ重しが取れたような感覚があった》と記している。

2017年に発表された『騎士団長殺し』(新潮社)にも、南京虐殺の記憶について“重しをつけて深い海のそこに沈められたんだ”という表現があります。今回、村上さんはその重しを取りに行く勇気を得て、実際にひとつの重しが取れたのでしょう。

 村上さんは『ねじまき鳥クロニクル』(1994年)くらいから人間の邪悪さを具現的に描き始めています。根源的な悪を描くという春樹文学のルーツは、父親が抱えていると思っていたどす黒いものに、少なからずあったのではないでしょうか。彼にとって小説を書くことは、そのパンドラの箱を自ら開く作業だったのだと思います」

 父親と死別してからは、小説中の父の描き方が変わった。

「それまでの村上作品では、妊娠しても子供は決して生まれませんでした。ところが『1Q84』(2009年)からは、親になることをポジティブに描くようになり、『騎士団長殺し』では、男の側がほとんど押しかけるように親になろうとしています」

 飼い猫を父と共に棄てに行く思い出で始まったこのエッセーは、別の猫のエピソードで閉じられている。子猫が松の木に登って下りられなくなった話だ。

《その子猫がそれからどうなったのか、僕にはわからない》

「このエピソードは『スプートニクの恋人』にも出てきますが、『海辺のカフカ』や『ねじまき鳥〜』も、猫で始まり猫で終わっています。寓話的でもあり、いろいろな意味に取れますよね」

 村上作品を読み解くひとつの鍵になりそうだ。

※女性セブン2019年5月30日号
・エンタメ スポーツ(国内外) | comments(0) | trackbacks(0) |

佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言 日本は北朝鮮以下の国民だ!

佐藤浩市(58)の発言をめぐる批判合戦が収まる気配を見せない。佐藤は今月公開の映画「空母いぶき」で首相を演じたことについて、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」と雑誌インタビューで語った。それでもオファーを受けると役作りに努め「ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった」と舞台裏を明かしたところ、作家の百田尚樹氏が「三流役者が、えらそうに!!」とかみつき、ネットも「安倍の潰瘍性大腸炎を揶揄したんだろうな」などと大炎上。

 すると「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。役者の何を知ってるのか」とタレントのラサール石井は佐藤側につき、百田氏に対して「謙虚さのかけらもない。何様?」と不快感をあらわにするなど騒動は広がるばかりである。

「昨年末にローラが辺野古埋め立てに反対の署名を呼び掛けたときも、『モデルのくせに』といった声が相次いだ。そのときのこともあって、役者は反骨精神も出せず、政治的な事案に触れるような発言はちょっとでもアウトなのかと佐藤のみならず疑心暗鬼になっているのではないか」(映画関係者)

 佐藤の発言については、「現首相を揶揄するとか、そういうための役作りではなく、演じる人物をより魅力的に、そして見てくれる人に感情移入してもらえるよう、キャラクターづけした、という程度の話だったと思います。政治的だ、揶揄だと批判され、本人もスタッフも困惑しているでしょう」(前出の映画関係者)と続けるが、その結果なのだろう、映画「空母いぶき」公開の舞台挨拶のスケジュールで佐藤浩市の名前は公式サイトから消えてしまった。佐藤の不穏当な発言があったにしても、俳優がその発言により、仕事を干されたわけである。

 芸能人が批判や反論、バッシングを恐れて萎縮するようでは未来は暗い。



・エンタメ スポーツ(国内外) | comments(0) | trackbacks(0) |
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww