12

何ちゃってニュース

読売・日テレ・フジサンケイよ 少しは子供たちに恥じない政権批判もしたらどう?子供たちの正義感を育てるために

証拠FAXに官邸激怒 元夫人付の谷査恵子氏“国外追放”情報

森友学園に問題のファクスを送付した女性官僚・谷査恵子氏の身辺がにわかに騒がしくなっている。谷氏は1998年に経産省入省。13年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人を支えた。16年からは中小企業庁の経営支援部で連携推進専門官に就いていた。ファクスの存在について、24日の集中審議で質問された菅官房長官は「1週間ほど前に全体の話を聞いて、その後すぐ籠池理事長に送ったファクスを谷氏から入手した」と説明したが、内情は違うようだ。

「証人喚問での籠池理事長の発言で、問題のファクス文書が保存されていることが分かり、対応に追われた。官邸もまったく把握していなかったのです」(官邸担当記者)先に公開してしまった方がダメージが小さいと考えたのか、菅は23日の定例会見で記者にくだんのファクスを配布。よほど慌てていたとみえて谷氏のメールアドレスや携帯番号などの個人情報が示されたままだった。後で黒塗り版を配布し直すという失態について、菅は「不注意だった」と答弁したが、本当に文書を1週間前に入手していたなら、個人情報の扱いに配慮する時間は十分あったはずだ。

「もちろん総理もファクスの存在を知らなかった。激怒して、谷さんを呼び出し、怒鳴りつけたと聞きます。しかし、彼女の一存で勝手にやった話ではないことくらい政界関係者なら誰でも分かる。昭恵夫人に怒鳴るならともかく、ノンキャリの彼女にすべてを負わせるのはあまりに酷です」(自民党関係者)

■まるで霞が関版「沈まぬ太陽」

 安倍首相の怒りはすさまじかったそうで、「逆鱗に触れた谷氏の左遷情報がすぐさま霞が関を駆け巡った」(総務省キャリア)という。「4月1日付でアフリカの大使館付の駐在員に飛ばされる」「いや、南米らしい」などと臆測情報が飛び交っている。

 元外交官の天木直人氏が言う。

「官僚の“口封じ”に外務省を使うのは、確かに都合がいい。実際、経産省から大使館への出向はないことはありません。しかし、ことがノンキャリ女性となると異例中の異例。本当にそんな人事をすれば、官邸自ら情報隠蔽を認めたも同然で、それこそ大スキャンダルです」事実関係について経産省に問い合わせたところ、「現段階では、そういう情報はございません」(官房広報室)とのことだった。主人公がアフリカに飛ばされる山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」が思い出される。昭恵夫人に尽くした谷氏も、安倍官邸にとってはしょせん“トカゲの尻尾”なのか。
             
・安倍政権に日本人が苦言 | comments(0) | trackbacks(0) |

秘書を人間扱いしない女性国会議員トップ…1カ月で退職→精神疾患、ミス押し付け

国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 3月16日、政府の「働き方改革」の目玉のひとつである「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が衆議院本会議で可決しました。主な内容は、失業給付の拡充や育児休業にかかわる制度の見直しなどですが、神澤は「ブラック企業根絶対策」にも注目しています。

 これにより、虚偽の内容の求人を行った企業に対する罰則が設けられ、ハローワークを通じた求人ができなくなります。また、採用された方も、あらかじめ示されていた労働条件と異なる場合などはハローワークに通報できる権利が明確にされました。

 ご存じのように、電通の女性社員が過酷な労働環境の下で自殺に追い込まれてしまった事件が、この法案の成立を後押ししました。しかし、違法残業の疑いで摘発、書類送検された事案はほかにも多くあります。今年に入ってからだけでも、パナソニック、三菱電機、エイチ・アイ・エスなどの担当者が書類送検されていますね。

●ブラックすぎる議員事務所、精神を病む秘書も

 ところで、単に残業時間が長いだけでは「ブラック企業」とはいいません。そもそもブラック企業とはなんなのでしょうか。

 弁護士やジャーナリストの方々によって毎年決定されている「ブラック企業大賞」の公式サイトでは、「ブラック企業を見極める指標」として、長時間労働のほか「セクハラ・パワハラ」「いじめ」「過密労働」「低賃金」「コンプライアンス違反」「育休・産休などの制度の不備」「労組への敵対度」「派遣労働者への差別や依存度」「残業代の未払い(求人票の不実記載)」を挙げています。

 これを初めて読んだときは苦笑するしかありませんでした。なぜかといえば、国会議員事務所に当てはまるものばかりだからです。もちろん、すべての議員事務所がブラックというわけではありませんが。

 周囲の秘書仲間たちの情報を総合すると、ブラック度のトップ3は、残念ながら女性議員の事務所が占めています。

 そのうち2つは自民党の参議院議員の事務所で、もう1つは野党の参議院議員の事務所です。解散がない参議院は仕事の見通しも立てやすいので働きやすく、秘書には人気が高いのですが、この3つの事務所は定着率が最悪で、1年中求人をしています。

 神澤の知る限り、採用されても1〜3カ月で辞めてしまう方ばかりです。辞めた後も精神を病んで、しばらく通院や自宅療養をされているという話も広まっています。

 このブラック度トップ3の事務所に共通しているのは、議員が秘書を人間扱いしないことです。政策秘書であっても重要な仕事は任せないのに、自分のミスは秘書のせいにします。秘書としては、自分のミスでもないのに無能呼ばわりされた挙げ句、議員に代わって謝罪させられるのですから、たまったものではありません。

 それに、「昨日決めたことを今日変える」などということも日常茶飯事のようです。要するに、気分屋で自分勝手な議員なのですが、これでは先のことを考えて計画的な事務所運営などできるはずもありません。

 もうひとつ共通しているのは、秘書同士の仲がとても悪いこと。新人の秘書は、必ず古参の秘書からいじめを受けます。一方で、議員はそれぞれ知名度はかなり高いので選挙では当選を続け、議員活動を続けています。

 実は、こういった例はどの事務所にもあるのですが、このトップ3の事務所はダントツにひどいのです。神澤の先輩の女性秘書も、2年の失業期間を経て、このブラック事務所のひとつに就職しましたが、2カ月で辞めてしまいました。後から聞いた話では、辞めてからも3カ月くらいは心が病んでしまい、自宅から出る元気が出なかったそうです。

●失業しても再就職が難しい議員秘書の実態

 秘書という仕事はとにかく不安定で、何かの理由で失職しても、次の事務所はなかなか見つかりません。民間企業への再就職となれば、不況や年齢などの事情もあってなおさら難しいのが実情です。

 それに、「空きがあればどの政党の事務所でもいい」というわけでもないのです。民進党など複数の党が合併している場合もありますが、基本的には最初に採用された政党で秘書を続けます。

 つまり、自民党議員の事務所の秘書が社民党議員の事務所に移ることは、まずありません。ちなみに自民党以上に採用でコネを重視するのは日本共産党なのですが、そのお話はまたの機会にお伝えします。

 安倍晋三首相には、ぜひ足元にいる私たち国会議員秘書の労働条件の見直しも検討してほしいと思います。私たち秘書は、議員のわがままに日夜振り回されているのです。自殺に追い込まれそうな仲間がいても、その仲間を守ることも助けることもできません。

 そのため、国会議員の秘書としては、政府の目指す方向と議員事務所のブラックぶりに矛盾を感じざるを得ません。秘書たちは、「雇用保険法等の一部を改正する法律案」の可決を横目に「永田町のブラックな労働環境も改革してほしいよねぇ」とグチをこぼし合っています。
             
・主要社会・経済ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |

フォロワー数増加ランキング4位!Iカップグラドル・天木じゅん、驚異の人気爆発ぶりにセクシーなビキニショットで感謝!?

 今話題のIカップグラドル・天木じゅんが自身のTwitterで27日、Instagramのフォロワー数増加ランキングで第4位に輝いたことの報告とともにセクシーなビキニショットを披露し、話題を呼んでいる。

 天木は、「【今月の芸能人インスタグラム フォロワー数増加ランキング】1位 高橋一生(+51.5万) 2位 渡辺直美(+19.4万) 3位 ブルゾンちえみ(+15.7万) 4位 天木じゅん(+11.3万) http://insta.refetter.com/ranking/mon/ 有難いです」というコメントとともに、白いビキニで横たわっている写真を公開した。

 これに対してネット上では、「良かったですね。じゅんさん」「very nice shot」「爆乳おっぱい大好き」などのコメントが寄せられている。

 148cmと小柄ながらもたわわな I カップという“二次元ボディ”で話題の天木。最近ではバラエティ番組への出演も多く、Instagram・Twitterともにフォロワー数が爆発的に増加しているようだ。
             
・主要社会・経済ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |

うざい客だな!飲食店員が呆れた「理不尽なクレーム」3選

飲食店には、なにかとクレームが集まるものだ。中にはまっとうなクレームもある反面で、常軌を逸したクレームもあるらしい。

しらべぇ取材班は、飲食店店員の経験がある人たちに「これまでに言われた理不尽なクレーム」を調査してみた。
(1)ホットコーヒーを「熱い」と言ってくる
「カフェで働いていた時に、ホットコーヒーを注文してきた男性がいたんですが、ひとくち飲むなり『熱い! やけどする!』とクレーム。

うちは機械で入れているので、温度も一定。マグマのように熱くなることはありえないし、現に一緒に入れた別のお客さんは普通に飲んでいたし。

虫の居所が悪くて、だれかに当たりたかったんでしょうね...。謝罪しましたが、内心は『だったらアイスコーヒーを頼め!』と思いました」(女性・26歳)
(2)嘘をついて弱いアルバイトの信頼を落とす
「中年の男性客が、店長を呼びつけて、高校生の女の子アルバイトが『睨んできて不快になった』と、クレームを言っていたことがあり。

裏でその女の子は『そんなことしてない!』と泣いていたんですが、若いからちょっとイラっとしてしちゃったのかな〜と、皆して思っていたんですよ。

でもその後、そこから少し離れた飲食店に転職したんですが、同じ中年男性がきており、また高校生の女の子バイトが『睨んできて不快になった』と、

同じようにクレームをつけており...。こういう若い子に目をつけていじめてやろう...という陰険な人なのか。寂しい人間ですよね」(男性・26歳)
(3)女性に過剰なサービスを求める
「バーで働いていたんですが。あくまでもお酒を提供するだけのバーで、ガールズバーでもないし、男性も女性も働いているようなお店でした。

でもお客さんの中には、勘違いしてくる人がいて、女性バーテンダーに『なんで隣に座って話し相手にならないんだ』だの『なんで体を触らせない』だの

怒りながらクレームをつけてくる人も。『ここはキャバクラじゃないからだ! 安い酒代だけで女性と話せる思うな』という気持ちでしたね」(女性・29歳)

自分のクレームは果たしてまっとうなものなのか...しっかりと考えてからクレームは伝えたほうがいいのかもしれない。
             
:コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

元人気漫画家が年収6千万から借金生活へ転落…パクりも告白

『パタリロ!』の魔夜峰央先生が30年以上前に描いた、埼玉をからかった漫画『翔んで埼玉』が復刊後に55万部のバカ売れ。

また、大ヒット漫画家・吉沢やすみ先生の娘が描く『ど根性ガエルの娘』の内容に、ネットを中心に衝撃が走るなど、一時代を築いた漫画家が最近話題になっている。

そんななかで、小学館『月刊コロコロコミック』の黄金期を支えた人気漫画『つるピカハゲ丸』の著者・のむらしんぼ先生が23日放送のテレビ東京『OHA OHA アニキ』に出演。

年収6,000万円の豪遊から借金生活へ転落や、過去にほかの作品から絵柄をパクっていた事実を暴露し、視聴者にインパクトを与えている。

(画像はTwitterのスクリーンショット)

■一世を風靡した『つるピカハゲ丸』
1985年に連載開始の『つるピカハゲ丸』は、主人公・ハゲ田ハゲ丸とその一家が「つるセコ」を合い言葉に強引な節約術を披露する4コマ漫画。

同時期に連載されていた『おぼっちゃまくん』『かっとばせ! キヨハラくん』と共に「3大ギャグ漫画」として人気を博し、アニメ化も果たした。

番組に出演したロバート・秋山竜次(38)も「ハゲ丸しか読んだことがない。小学生のころはこのために生きていた」と明言するほど、当時の小学生を夢中にさせた作品だ。

改めてこうして見ると『つるピカハゲ丸』って、すげーな!#OHAOHAアニキ #tvtokyo #山寺宏一 #花江夏樹 #ロバート #ベイビーレイズJAPAN #林愛夏 #コロコロアニキ pic.twitter.com/zIFl7mMIIL

— OHAOHAアニキ公式 (@oha2aniki) March 16, 2017

■のむらしんぼ先生の栄光と転落

のむら先生は同作品によって栄光と転落を味わってきた。

『島耕作』シリーズ、『人間交差点』の弘兼憲史(69)のアシスタントを務めたのち1979年に漫画家デビュー。

直後に低迷期を迎え、家族を養うために、乗り気ではなかった『ハゲ丸』の連載を開始。これがコミックス累計500万部を超えるヒット作に。

バブル絶頂期には漫画制作会社・しんぼプロを設立し、銀座や六本木で夜な夜な豪遊。

売れている漫画家同士で飲みに行くと「自分が払う」と見栄を張りあい「帰ったら小銭だけ」とかなり散財してきたそうだ。

連載、バブルが終了したことでのむら先生の環境は一変。それまでの散財から借金が膨れ上がり、ついに離婚にいたる。

その後も作品を発表し続けるもヒット作には恵まれず、甥っ子からは「だれも読んでない。キャラが古い」と酷評されてしまう。

■パクリについても言及
「面白いものはちょこちょこパクる」と語るのむら先生は、自身の作品に「ほかの作品からのパクリ」があったと告白。

ハゲ丸が舌を鼻の方に伸ばした表情は、小林よしのり先生が『週刊少年チャンピオン』に連載していた漫画『いろはにほう作』のパクリ。「気がつけばこうなった」「小林先生は天才」と評した。

一番もあらしも、みんなどっちも最高!って思って読んでたよね!
#OHAOHAアニキ #tvtokyo #ベイビーレイズJAPAN #林愛夏 #ロバート#コロコロアニキ pic.twitter.com/BKJVU6jPVo

— OHAOHAアニキ公式 (@oha2aniki) March 23, 2017

また、1980年〜83年に連載されていた『とどろけ!一番』は、同時期に連載中だった『ゲームセンターあらし』の構図にそっくり。

『あらし』の必殺技「炎のコマ」と『一番』の「ゴッドハンド」を並べると、構図だけでなく表情や雰囲気までパクっていると判明。

「当時のコロコロはみんな仲間。編集者はヒット作と同じようなことをさせたがる。『あらし』のコミックを保存用と参考用で2冊渡され、見ながら書いた」

悪びれることなく当時を振り返った。

■のむら先生の現在にファンは...
2014年からコロコロ創刊の歴史と自身の漫画家人生を描く『コロコロ創刊伝説』の連載を開始。

借金返済の協力を呼びかけるチラシ!ヤバいな!
#OHAOHAアニキ #tvtokyo #ベイビーレイズJAPAN #林愛夏 #ロバート#コロコロアニキ pic.twitter.com/Pozca1nVST

— OHAOHAアニキ公式 (@oha2aniki) March 23, 2017

単行本に封入されたチラシには「のむらしんぼ先生の借金返済にご協力ください」と書かれ、辛酸を舐めた過去と借金さえもネタにする芸風で再び脚光を浴びている。

テレビでまくって稼いでるなーガンガン稼げのむらしんぼ  #OHAOHAアニキ

— anamochi (@anamochi_twit) March 23, 2017


コロコロコミックを作った人達を描いた漫画「コロコロ創刊伝説」のラジオCMで
「のむらしんぼ先生には借金があるんだ!みんな買ってくれ!」って言っているのは何だかもう潔くて素敵です。

— ルネ岩田(特撮芸人) (@IwataSatoshi) March 23, 2017


ラジオのCMで烈豪に「のむら先生には借金があるんだ、買ってくれえ〜!」って、子供にまでなに言わせてんだよって感じだよな、コロコロ創刊伝説 #OHAOHAアニキ

— 腐穴 (@kusaana) March 23, 2017


今のしんぼ氏は、また黄金期がやって来たかのような雰囲気だよ。色々なイベントに出てるので喋りが立っている。 #OHAOHAアニキ

— あーなべべ (@Qjnkdajgtmk85jo) March 23, 2017


しらべぇ取材班が調査したところ、のむら先生の活躍を楽しげに見守っているファンを多数確認できた。

一度は栄光をつかみながら、どん底を味わったのむら先生は、これまでの経験を糧に、再び黄金期を迎えようとしている。

のむら先生の戦いはこれからだ!
             
・エンタメ スポーツ(国内外) | comments(0) | trackbacks(0) |